古代日本で、言葉には不思議な力が宿っているとされており、発した言葉通りの結果が現実にもたらされると信じられていました。これを言霊と呼んでいます。

人の悩みは尽きないもので、仕事、恋愛、家庭など十人十色です。悩みの大きさを他人が図ることは出来ません。

たとえ相談を持ちかけられても、他人にとって人の悩みは解決し難い問題で、他人の悩みは結局のところ他人事でしかなく、悩みは自分で解決しなくてはなりませんから。

第三者からのアドバイスを受けたとしても、最後に決断を下すのは自分なのです。悩みが多く、あれこれ考えすぎてしまうと人生を楽しむことが出来なくなってしまいますよね。

だからこそ物事をポジティブに考え、常に前向きな言葉を使い、私はこうなりたい、と強い意識を持つことが大切です。私はそう心がけてます。

言霊とは不思議なもので、言葉に思いを乗せると何事も実践しやすくなるような気がするんです。

考え過ぎてしまう人は一人で悩まず、前向きな言葉を使い生活していくようにすることで、人生をより有意義に過ごすことが出来ると思うんですよね。